So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日暮れ前の散歩 10月31日(土) [フォト散歩(Walking)]

10月も今日で終わりです。

今年もあと2か月になりました。

年賀はがきも発売され、「年末」という言葉が頭に浮かびます。

お店の装飾もカボチャのハロウィンの後は、クリスマスに変わるでしょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

10月24日(土)のフォト散歩です。

日が傾き始めた、午後3時半ごろ家を出ました。

桜の葉は赤くなり、ほとんど散ってしまいました。

D71_3145c.jpg

カツラの木もほとんど葉がなくなりました。

D71_3148.jpg

赤くなったハナミズキの木がぽつんと立っています。

D71_3149.jpg

先月までは緑だったネコジャラシ(エノコログサ)も稲みたいに茶色になっています。

D71_3151.jpgD71_3153.jpg

通りがかりの家の庭に咲いていたバラにも横から陽が当ります。

D71_3158.jpg

実のようなものが生っていますが何の木かわかりません。

D71_3159.jpg

公園の原っぱでは子供たちが走り回っています。

D71_3161.jpg

大人も犬と一緒に走り回っていました。

D71_3163.jpg

芝生の上には赤い落ち葉が・・

この時、16時少し前ですが、陽が低くなってきました。

D71_3165.jpg

今頃でも咲いている朝顔をよく見かけます。

D71_3169.jpg

広場では少年野球の練習中。

D71_3172.jpg

イチョウがかなり黄色くなりました。

D71_3182.jpg

こちらは地元のサッカーチーム。

このチームは強いですよ。

D71_3173.jpg

最近はこの鳥(ひよどり)がうるさくなってきました。

D71_3174.jpg

このススキは元気そうですが、背景は秋のたたずまいです。

D71_3178.jpg

ここは日蔭で、秋深しの感があります。

D71_3175.jpg

場所を移動して、とある公園です。

D71_3186.jpg

モミジバフウの葉も赤くなりました。

D71_3190.jpg

ブランコの下にも色の変わった葉がたくさん落ちています。

D71_3192.jpg

もう少しすれば、黄色い葉がさらに赤くなります。

D71_3195.jpg

東の空には月が出てきました。

D71_3197.jpg

今日から圏央道の桶川北本~白岡菖蒲間が開通し東名、中央、関越、東北の高速道路がつながります。

神奈川県の南の部分が未開通ですが工事が始まります。

これは工事車両専用の道路です。

D71_3160.jpg

住宅地を貫きますので、この下はトンネルになります。

開通予定は未定ですが、オリンピックまでにできるかもしれません。

D71_3200.jpg

買い物を頼まれていたので、買い物をしていたら、暗くなってしまいました。

D71_3203.jpg

鳥の声は聞こえなくなりましたが、この鳥はずっと起きています。

D71_3205.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。



D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


nice!(101)  コメント(26) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉文学館のバラ 10月29日(木) [鎌倉探訪]

昨日はウォーキングしていても暑くて汗が出るような天気でした。

しかし、さわやかな天気で、気持ちの良い汗になりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++

昔の友人たちを鎌倉の案内をすることになり、長谷寺、鎌倉文学館のコースにしました。

鎌倉文学館のバラの下見に行ってきました。



行ったのは、10月20日です。

江ノ電長谷駅から徒歩10分程度ですが、この日は鎌倉駅から歩きました。(約25分ぐらい)

大仏に向かうバス道から右の小道を入るとすぐに鎌倉文学館はあります。

緩い上り坂を歩くと、重厚な門があります。

D75_1705.jpg

この門は使われていませんので、前を通り、入館料を払って進みます。

こんなトンネルを通ります。

D75_1709.jpg

道の傍らにある街路灯には源実朝の歌が書いてあります。

D75_1711.jpg

鎌倉文学館の建物は、加賀百万石前田利家系譜の第15代当主が建てた別邸です。

元は和風建築だったそうですが、火事による焼失、

その後建てられた洋館も関東大震災による倒壊、

昭和11年に16代当主により改築され現在の建物になりました。

昭和60年前田家から鎌倉市に寄贈され、鎌倉文学館として利用されています。

D75_1712.jpg

広い庭園があり、バラ園もあります。

D75_1714.jpg

少し早めでしたが、きれいに咲いていました。

D75_1725.jpgD75_1716.jpg

いくつかの花が続きます。

D75_1722.jpgD75_1724.jpgD75_1728.jpgD75_1730.jpg

前をあるいていた家内の帽子に、トンボが止まりました。

D75_1733.jpg

建物とバラ園の間には広い芝生があります

D75_1745.jpg

芝生の横に黄色い蕾をつけた大きな木がありました。

D75_1737.jpg

こんな花です。

D75_1741.jpg

木の根元には「アンデスの乙女」という札が立っていました。

下の方に垂れ下がるように咲いています。

D75_1742.jpg

始めてみましたが、きれいな花でした。

D75_1744.jpg

この芝生ではお弁当などを食べてもいいですが、「トンビに注意」です。

この建物は、戦後、デンマーク公使や佐藤栄作が借りて別荘として住んでいた時期もあるそうです。

D75_1735.jpg

建物の中では12月13日まで企画展「鎌倉文士前夜とその時代」という企画展をしていました。

詳しくは鎌倉文学館のホームページをご覧ください。

入り口にはこんな箱がありましたが、中にはドングリの実が入っていました。

D75_1752.jpg

館内は撮影禁止ですので写真はありません。(詳しくはホームページで)

建物周辺の木は紅葉が始まっています。

D75_1749.jpg

日ごとに色が変るでしょうね。

D75_1755.jpg
D75_1757.jpg

鎌倉の紅葉は11月下旬から12月上旬です。

D75_1754.jpg

来た時に通ったトンネルをくぐり出口に向かいます。

D75_1760.jpg

26日に友人たちと一緒に再度訪れましたが、天気も良くバラもこの時よりは沢山咲いていました。

26日(月)の写真です。

週末までは雨は降らないようで、今が見ごろだと思います。

D75_1859.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


nice!(111)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

散歩中の花 10月27日(火) [フォト散歩(Walking)]

昨日は朝冷え込み、寒い朝を迎えましたが昼間は晴れて暖かい日和でした。

昨日、鎌倉に行きましたが、小町通は平日にもかかわらず、人であふれていました。

鎌倉文学館のバラもきれいでした。

+++++++++++++++++++++++++++++

中山道が続きましたので、いつものフォト散歩に戻ります。

散歩していても、紅葉したり、落ち葉が増えたり、徐々に秋が深まってきています。

それでもコスモスはまだあちこちに咲き、きれいな花を見ることができます。

D75_1797.jpg

カメラを持って散歩です。

濃い色のコスモスも咲いてます。

一つだけで、寂しそうです。

D75_1799.jpg

白い花の前ボケを入れて淡い感じで・・・

D75_1800.jpg

大分散ってしまったようですが、

D75_1802.jpg

もうしばらく咲きそうです。

D75_1797.jpg

華々しさはありませんが、ススキも光るような色になってきました。

D75_1805.jpg

撮影日は、10月23日です。

風が出てきました。

D75_1809.jpg

毎年ここでススキを撮っていますが、今年はセイタカアワダチソウが目立ちます。

D75_1814.jpg

一方、こんな紅葉も見られます。

ハナミズキの木全体が赤くなっています。

D75_1817.jpg

ハナミズキの木の傍にある、押絵が門に飾ってある家では、

ここでもハロウィンでした。

飾りを見るのは面白いですが、まだなじめません。

D75_1819.jpg

さて、いまあちこちで目立つのはツワブキです。

近所に群生する場所があります。

D75_1786.jpgD75_1767.jpg

昨年も10月26日にツワブキの写真を記事にしています。

丁度退院したばかりで、よたよたしながら写真を撮ったことを覚えています。

彼岸花と言い、ツワブキと言い、毎年同じ時期にきちんと開花しますね。

D75_1777.jpg

隙間なく咲いています。

D75_1765.jpg

蕾もあるのでまだまだ咲きます。

D75_1771.jpg

小さな蝶が止まりました。

D75_1779.jpgD75_1784.jpg

露出アンダーでシックに撮ってみました。

D75_1791.jpg

マクロレンズでアップ

D75_1839.jpgD75_1837.jpgD75_1825.jpg

鎌倉でもお寺の境内、道端、通りすがりのうちの庭など、いたるところに咲いていました。



一昨日の朝はものすごい強風で大きな雲はなく、富士山が見えていました。

いつの間にか富士山の雪は少なくなっています。



10月13日にはこんな姿でしたが、

D71_3142.jpg

10月25日には雪が減ってこんな姿です。

まだ本格的な雪ではないようです。

D71_3211.jpg


本日もご訪問ありがとうございました。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-S Mirco NIKKOR 60mmf2.8G  ED


nice!(104)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 12-4 10月25日(日) [中山道を行く]

しばらく良い天気が続いています。

今日も晴れの予報です。

しかし今朝は、未明から強い風が吹いて神奈川県では強風注意報が出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の中山道シリーズ最後です。

軽井沢宿に入っていきます。

江戸時代には中山道沿いのお茶屋だった「つるや旅館」の前をとおります。

DSC_0535.jpg

ここからいわゆる旧軽銀座になります。

DSC_0536.jpg

私は何回か軽井沢には来たことはあるのですがこの通りを歩くのは初めてです。

この日は10月10日で3連休の初日でした。

人が多くなりました。

DSC_0537.jpg

宿場町と言っても、本陣跡とか昔の宿場を思い起こすものは何もありません。

楽しそうな店がたくさんありますが、寄り道すると遅くなりますので急ぎます。

DSC_0538.jpg

通りの横にある木も赤くなっています。

DSC_0540.jpg

ちょっと糖分が欲しくなりました。

DSC_0541.jpg

旧軽ロータリーまで来ました。

DSC_0543.jpg

歌川広重の版画はこの辺りから見た景色だそうですが、全くわかりません。

何かを燃やしているのか白い煙が立っています。

18karuizawa.jpg

軽井沢駅のほうには行かずに直進します。

DSC_0544.jpg

進んでいくとこんな道路案内がありました。

この先は六本辻の交差点です。


DSC_0547.jpg

この標識は初めて見ました。

DSC_0550.jpg

この写真は通り過ぎてから撮ったものです。

DSC_0549.jpg

洒落たCafeの横には紅葉の葉です。

DSC_0548.jpg

道路の両側には、お洒落なレストランが次々あります。

DSC_0551.jpgDSC_0554.jpg

売地がありますよ、いかがですか?

DSC_0555.jpg

しばらく道なりに歩きます。

DSC_0556.jpg

18号線と合流します。

DSC_0557.jpg

旧道は途切れているので、500mぐらい18号線を進みます。

横に、しなの鉄道の線路があります。

DSC_0558.jpg

軽井沢中学校前の信号を左に曲がって、踏切を渡ります。

DSC_0559.jpg

踏切を渡ってすぐに右に曲がると、旧道に出ます。

DSC_0560.jpg

時々車が来る程度で、静かな通りです。

DSC_0561.jpg

小さな森のようなところは終わり、先は開けているようです。

DSC_0563.jpg

カーブを曲がると正面に浅間山が見えてきました。

DSC_0565.jpg

しなの鉄道の線路の下を通ります。

DSC_0566.jpg

その後、線路沿いに進みます。
この時息子から携帯にメールが入りました。
5分ぐらいで中軽井沢の駅に着くようです。

DSC_0567.jpg

中軽井沢の駅から、電車が発車してきました。

DSC_0568.jpg

駅は目の前です。

DSC_0569.jpg

15:44中軽井沢の駅に着きました。

DSC_0570.jpg

息子の車もほぼ同時に着きました。

この後、息子の車で家に帰りました。

高坂SA辺りで少し渋滞しましたが8時ごろには家に着きました。

昨年の5月に歩き始め、その間に入院などがあり、延べ12日でやっとここまで来ました。
<中軽井沢は沓掛宿近くの駅です>
約150kmです。
東海道は53次ですが、中山道は69次です。
まだ先は長いです。

東海道の時は12日で220km歩きましたが、その時は病気もせず元気でした。
金谷辺りをあるいていました。

沓掛.jpg

今回の2日間の歩数は 55,558歩でした。

これまでのまとめです。

まとめ1.jpg
これからしばらく宿場間距離が短い区間になります。
<美美さんの故郷にも近づきましたよ>

<和田宿と下諏訪宿の間が長く21kmありますがその他は5kmぐらいです。>

本格的な冬になる前に、2泊3日で下諏訪まで行きたいと思っています。

下諏訪で温泉に入ったあとは春まで休止の予定です。

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6
1 NIKKOR  30-110mm f3.8-5.6


nice!(111)  コメント(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 12-3 10月23日(金) [中山道を行く]

碓氷峠で休憩し、息子と別れてから、軽井沢に向かって歩きます。

いよいよ信州の路に入ります。

碓氷峠頂上からは旧中山道は歩けるような道ではないということす。

ほぼ旧中山道に沿った、遊歩道を下ることなります。

下の図の細い点線の部分です。

遊歩道x.jpg

見晴台の横から下ります。

いきなりこんな看板が出ました。

DSC_0504.jpg

ここからは一人ですので、熊鈴をつけました。

DSC_0516.jpgDSC_0575.jpg

群馬県側の登山道と違いこちらは遊歩道なので、歩きやすい道です。

DSC_0505.jpg

熊鈴の音を響かせながら、進んでいきます。

DSC_0506.jpg

上の図の白い道路は横の下のほうにあります。

DSC_0507.jpg

厳しかった上り坂と違い、道端の植物にも目が行きます。

DSC_0510.jpg

ノコンギク? シロヨメナ?

DSC_0515.jpg

よくわかりません。

DSC_0517.jpg

小さな鉄橋で先ほどの道の上を通ります。

DSC_0511.jpg

時々碓氷峠まで登る人とすれ違いますが、あまり人は多くありません。

DSC_0512.jpg

水は流れていませんが、木製の橋がかけてあります。

DSC_0513.jpg

下り始めて約30分経ちました。

DSC_0518.jpg

人の声がすると思ったら上から二人連れが降りてきました。

DSC_0519.jpg

水の音が聞こえてきました。

小さな沢が続いています。

新緑の季節は気持ちのよい道でしょうね。

DSC_0520.jpg

沢は川になり、川の向こうに建物が見えてきました。

DSC_0522.jpg

小さな吊り橋を渡ります。

DSC_0523.jpg

先ほど見えていた建物です。(立派な大きな建物でした)

DSC_0524.jpg

ここから道は舗装道路になりました。

DSC_0525.jpg

道路から見えるモミジは赤く染まっています。

DSC_0527.jpg

常緑の針葉樹の中で赤い色が映えます。

DSC_0526.jpg

下り始めて、約50分、ここまで来ていきなり中山道の案内が出てきました。

DSC_0528.jpg

いかにも軽井沢の別荘地という感じです。

人の姿見られるようになり、自動車も来るので、このあたりで熊鈴を外しました。

DSC_0529.jpg

ここで息子から電話がかかってきました。

碓氷峠の登山口まで下りたとのことです。

息子は趣味でマラソン、トレイルランをやっているので、走って下りました。

3時間余りで登ったところを1時間で下りたようです。

ここまで来ました。

DSC_0530.jpg

敷地の中にあるショー記念礼拝堂では結婚式が行われていました。

DSC_0532.jpg

道路の向かいには芭蕉の句碑が立っていました。

馬をさへ なかむる雪の あした哉 (甲子吟行の句)

DSC_0533.jpg

この後は旧軽井沢(軽井沢宿)の街に入っていきます。

続きは次回に。

中山道シリーズもう1回続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6 


nice!(103)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 12-2 10月21日(水) [中山道を行く]

3時間余りの上り坂を上って碓氷峠頂上に着きました。(前記事)

50歳位の時に、毎週のように神奈川、山梨の山歩きをしてましたので役に立ちました。



お茶屋さんの看板が現れたり、人も多くなり急に、賑やかになります。

DSC_0472.jpg

こんなバスが着いて、たくさん人が降りました。

DSC_0473.jpg

安政遠足のゴール地点の表示があります。

DSC_0486c.jpg

ちょっと面白い表示があります。

DSC_0503.jpg

とりあえず、お参りしましょう。

DSC_0474.jpg

階段を上がると、お寺ではないのに山門のような建物があります。

これは山門額というのでしょうか、熊野皇大神の額がついています。

DSC_0475c.jpg

社務所のようになっていましたが右側と左側とで神社が違います。

DSC_0485.jpg

中央の通路の足元には県境

DSC_0476.jpg

中に入ると、お宮参りの人やら、山ガールなどがお参りしています。

DSC_0477.jpg

右側(群馬県)

DSC_0479.jpg

左側(長野県)

DSC_0481.jpg

それぞれ、祈祷などを行う社殿はありますが、お参りするのはこちらです。

賽銭箱も鈴緒、鈴もそれぞれにあります。(二列の行列ができていました。)

DSC_0483.jpg

両方にお参りして神社を後にします。

ここでは紅葉が始まったばかりのようでした。

DSC_0484.jpg

次に向かったのはこちら。力餅の店はいくつかありましたが「元祖」に惹かれてこちらへ

DSC_0502.jpg

碓氷峠では、県境が売り物ですね。

DSC_0498.jpg

力餅とはこんな餅でした。

少し柔らかめの餅に餡子がまぶしてあるものでした。

昔も竹の筒で出されたかどうかわかりません。

DSC_0501.jpg

お昼を過ぎていますので持ってきたおにぎりを食べることにしました。

見晴台というところがあるのでそちらに向かいました。

見晴台に上がる前にこんな門がありました。

近藤氏寄贈と表示されていました。(見晴台一帯の開発者近藤友右衛門)

正面に見える建物はトイレです。

DSC_0487.jpg

この門からすぐに広場がありましたが紅葉の景色が現れました。

DSC_0488.jpg

いきなりこんな景色が見られると思いませんでした。

標高1200mなので当然かもしれません。

ここでも県境

DSC_0490.jpg

ここに来た人はほとんど写真を撮っていましたので私も。(ちょっとだけぼかしています)

DSC_0492.jpg

寒くなったのでリュックからウィンドブレーカーを出して着ました。

妙義山の景色を見ながら、おにぎりを食べました。

DSC_0495.jpg

紅葉真っ盛りでした。

DSC_0496.jpg

ここで息子と別れ、息子は来た道を走って碓氷湖まで引き返し、車で中軽井沢に向かいます。

私は軽井沢まで下りて中軽井沢駅まで歩きます。



続きは次回に、

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(97)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き12-1 10月19日(月) [中山道を行く]

昨日は久しぶりに太陽の光を浴びました。

午後散歩に行きましたが、気温は高く暑いぐらいでした。



中山道歩き11日目は半日ほどの軽いハイキングレベルでした。(前記事)

高崎に戻って1泊し12日目を迎えました。

いよいよ峠越えです。

ここまでの行程は今ではほとんど舗装されて、車の入れる道路でした。

中山道歩きの先輩達のホームページなどを見ると、碓氷峠の頂上までは登山道のようです。

この日は、もしもの事の助っ人として、息子に来てもらうことにしていました。

車で来る息子と8:00に横川駅で合流し、碓氷湖の駐車場に車を止めました。

朝八時過ぎの碓氷湖は人も少なく静かです。

DSC_0395.jpg

紅葉も進んでいます。

DSC_0397.jpg

碓氷湖の周囲には遊歩道があるそうです。

DSC_0398.jpg

碓氷湖の駐車場に車を置き、前日通った廃線跡を歩き中山道の碓氷峠登山口に着きました。

8:50出発です。

DSC_0401.jpg

下の図は碓氷峠の高低図です。

この場所は登山口と表記されています。

ここは標高517mです。

碓氷峠の頂上は群馬県と長野県の県境にある熊野神社ですが、標高1200mです。

181kouteizuL.jpg

上図のとおり、最初に急な坂があります。

地形図で見ても等高線の間隔が狭いです。

碓氷湖から青い線を歩いて来て、これからは緑の線の道を上っていきます。

chizu.jpg

安政の遠足マラソンもこのコースです。

DSC_0402.jpg

早速、案内板がありました。

番所があったところです。

DSC_0405.jpg

登り始めてから約30分でこんなところに来ました。

P1020368.jpg

海岸の岩場で見ることが多いですがこんな山の中に柱状節理がありました。

DSC_0406.jpg

こんな岩でした。

DSC_0408.jpg

同行している息子は軽々しく登っていきます。

DSC_0411.jpg

一方私は重そうに登っていきます。

この日は登山用ストックを持っていきました。

DSC_0419.jpg

こんな険しい道も出てきます。

参勤交代の行列がかごを担いでわらじ履きでここを上ったと思うと今から考えるとすごいことです。

DSC_0413.jpg

「覗(のぞき)」という場所からは、前日に歩いた坂本宿が見えます。

DSC_0416.jpg

杉並木でなく、杉の林の中を進んでいきます。

DSC_0420.jpg

刎石茶屋跡まで来ました。(標高800m) 

9:50ですのでここまで途中5分ぐらいの休憩をしましたが、1時間かかりました。

DSC_0421.jpg

当時の石垣ですね。

DSC_0422.jpg

ここからはやや平たんな道になりますが、この先標高差400mあります。

ただし距離は6.4kmあるので2時間近くかかりそうです。

DSC_0426.jpg

平坦な道になるとピッチが上がります。

道も明るくなりました。

DSC_0428.jpg

突然道の両側が切り取られたような場所に出ました。

1590年、豊臣秀吉の北陸、信州軍の防御のため松井田城主が両側を掘って狭くした「堀切」です。

DSC_0431.jpg

危険なほど両側は切り立っていません。

P1020372.jpg

このくらいの道なら歩きやすいです。

DSC_0434.jpg

岩の上に北向馬頭観世音が立っています。

この前に南向馬頭観世音がありましたが写真を撮りませんでした。

DSC_0436.jpg

このあたりに一里塚があったようです。

こんな山道でも一里塚を作ったのですね。

DSC_0437.jpg

これが座頭ころがしの坂と思われますが、とても歩きにくい道です。

DSC_0438.jpg

先輩諸氏のホームページを見るとこの先にこういう光景が出るはずでした。

いったいこの車はどうしてここまで来たのか???

好奇心旺盛な私は楽しみにしていましたが、撤去されたようで見当たりませんでした。(残念)
<写真はネットより借用>


183usui03.jpg

この案内はところどころに立っています。

DSC_0440.jpg

栗が原といわれる少し広いところに出ました。

DSC_0442.jpg

ここの左側は崖なので、注意して歩きます。

DSC_0443.jpg

ここまでほとんどすれ違う人はありませんでしたがこのあたりで初めてすれ違いました。

また広いところに出ました。

山中茶屋跡で茶屋が13軒あり茶屋本陣、お寺などがあり小さな集落だったようです。

バラックのようなプレハブ小屋がありました。

DSC_0447.jpg

どういう目的なのかここだけにきちんとした崖の工事がしてありました。

この辺りは車が通れるような道だった?

DSC_0450.jpg

この道の先のカーブを曲がると突然現れたバスの車体。

DSC_0453.jpg

すぐ横には山荘のような建物もありますが人の気配はありませんでした。

こういう建物があるということは、碓氷峠からここまで車で来ることができたようです。

DSC_0454.jpg

子持山に着きました。(このあたりの標高約1050mです) <11:30>

陣馬が原(武田・上杉の古戦場)を過ぎしばらく行くと道は二手に分かれます。

旧中山道は左です

DSC_0457.jpg

間違っていません。

DSC_0458.jpg

しばらく行くと小さな沢があります。

案内板には「化粧水」と書いてありました。

DSC_0461.jpg

そして馬も水を飲んだのでしょう、人も馬も休憩する場所があったところです。

DSC_0462.jpg

道は沢の水が横切っています。

DSC_0463.jpg

注意しながら渡ります。

DSC_0464.jpg

長坂道といわれる最後の坂道を登ります。

DSC_0465.jpg

登り切ったところに、いくつかの石塔がありました。

「思婦石」です。

群馬郡室田の国学者、関橋守の作で

安政四年(1857)に建てられた。

ありし代に かえりみしてふ 碓氷山

今も恋しき 吾妻路のそら

DSC_0469.jpg

ここから300m、12:08碓氷峠の頂上に着きました。

休憩、写真撮影しながら、3時間かかりました。

標高差 520m 歩行距離約7.5km 60代後半のジジイとしてはこんなものでしょう。


DSC_0471.jpg

この後、熊野神社のお参りに行きます。

この続きは次回です。

本日もご訪問ありがとうございました。

次は、碓氷峠頂上付近から軽井沢に下ります。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6
1 NIKKOR  30-110mm f3.8-5.6
Nikon coolpix s9300


nice!(106)  コメント(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き11-2 10月17日(土) [中山道を行く]

昨日は関東地方だけが天気が悪かったようですね。

朝から小雨が降って、散歩にも出かけず一日中家のにいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の記事の続きです。

<今日の記事は写真が多く途中から「鉄」に変ります>



坂本宿を出てすぐに八幡様がありました。

DSC_0327.jpg

歩道もなくなり、国道18号線を進みますが、細い道が左に分かれています。

広い道路は後からできた道でしょうから、旧中山道はまっすぐです。

左の山が刎石山でこの山のほうに向かって進みます。

DSC_0329.jpg

そろそろ脱穀するでしょうか良く乾いたように見えます。

DSC_0331.jpg

安政遠足(とおあし)のコース案内が立っています。

毎年5月、安中から碓氷峠を上るマラソンが開催されます。

標高差1000m 距離30kmです。

DSC_0332.jpg

急に森の道に入りました。

DSC_0333.jpg

けもの道みたいなところを上がっていきます。

DSC_0335.jpg

ここは短い坂でしたが、上ると国道18号線に出ます。

旧中山道は道路の向こうの細い道を上っていきます。

この日はここで進むのは止めて翌日に上る予定です。

DSC_0336.jpg

+++++++++++ <ここから鉄分補給です> +++++++++++

国道に出る直前にレンガ造りの塀みたいなものがありました。

ここはトンネルの上です。

DSC_0338.jpg

信越本線の横川軽井沢間が廃線になり、その後がハイキングコースになっています。

駅にあったパンフレットです。

このトンネルは1号トンネルです。(中央のC-9という場所にいます)

IMG_0001c2.jpg

すぐ横に下に降りる階段があったので下りてみました。

メガネ橋まで歩くことにしました。

DSC_0340.jpg

2号トンネルを抜けると左手下に碓氷湖が見えます。

碓氷湖は坂本ダムのダム湖です。

DSC_0341.jpg

線路の跡を進み、3,4,5号トンネルを抜けていきます。

DSC_0342.jpg

メガネ橋に着きました。

DSC_0345.jpg

橋からは昭和40年ごろに出来た新線(今は廃線)の鉄橋が見えます。

DSC_0347.jpg

電車からはメガネ橋が見えたでしょうね。

私は昭和47年にここを通っているはずですが、記憶はありません。

DSCN1191c.jpg

ここから引き返し横川駅まで歩きます。

DSCN1190xc.jpg

正面のトンネル入り口の左手から撮った写真です。

DSC_0349.jpg

トンネルが続きます。

DSC_0350.jpg

明治18年開通ですので、その当時は蒸気機関車で、機関士は大変だったでしょうね。

DSC_0352.jpg

このトンネルは壁面が崩れたところがあり、赤い照明がついていました。

DSC_0355.jpg

この道を歩き始めた、1号トンネルまで戻ってきました。

DSC_0339.jpg

このトンネルを越えると急に景色は広がり、横川駅につながります。

DSC_0357.jpg

今は休日だけ、トロッコ列車がここまで走っています。

DSC_0356.jpg

こんな道を下っていきます。

DSC_0359.jpg

ここにもこんな看板が・・

DSC_0361.jpg

道の左手にレンガ造りの建物がありました。

DSC_0363.jpg

明治45年、横川、軽井沢間の電化により作られた丸山変電所跡です。

一時は廃墟のようになっていましたが、平成12年復元工事が行われたそうです。

DSC_0366.jpg

周囲にはコスモスがきれいに咲いていました。

DSC_0369.jpg

碓氷峠は最大66.7パーミルの勾配の場所があったといわれています。

横川駅方面に下っていきます。

DSC_0370.jpg

横川駅に近くなり、トロッコ列車が止まっていました。

DSC_0372.jpg

これが機関車ですね。

DSC_0375.jpg

鉄道文化村の展示車両が見えます。

DSC_0376.jpg

せっかく来たので中に入ってみましょう。

DSC_0389.jpg

昔の特急「あさま」が展示してあります。

DSC_0377.jpg

アプト式軌道もあります。

DSC_0378.jpg

建物の中にあった、アプト式電気機関車ED42 

DSC_0380.jpg

外にはいろんな車両が展示してありました。

DSC_0381.jpg
DSC_0383.jpgDSC_0384.jpg

横川駅まで戻ります。

猫の駅長ではなさそうです。

DSC_0394.jpg

駅の近くに旅館がありますが、三連休の前日で予約できなかったため高崎に戻りました。

高崎に戻り、翌日碓氷峠を越えます。



本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6
Nikon coolpix s9300


nice!(103)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 11-1 10月15日(木) [中山道を行く]

先週の9日、10日に中山道の続きを歩いてきました。

前回は9月23日に横川駅まで歩きました。

横川.jpg

日本橋をスタートしてから今回で11回目になります。

今まではいつも日帰りでしたが、今回は1泊2日の予定です。

横川駅から坂本宿を通り、峠の入り口まで前日に歩きます。

翌日に峠を越えて中軽井沢まで歩く予定です。

今までのような日帰りならば大船を早朝に出ますが今回はゆっくりです。

8:34発の電車で高崎に向かいます。

軽井沢まで行ってしまうと新幹線を利用することになるので、在来線で行くのは最後です。

DSC_0251.jpg

11:06高崎に着きました。(大船から2時間半)

信越本線に乗り換えです。

高崎駅で買ったおにぎりを電車の中で食べます。

DSC_0252.jpg

窓の外には稲刈りを待つ田んぼが広がっています。

DSC_0254.jpg

高崎から30分、横川駅に着きました。

DSC_0390.jpg

横川駅は碓氷峠を越えるための鉄道の要所でした。

急こう配を上るため、アプト式鉄道が使われていました。

駅の入り口に歯車の付いた車輪が置いてあります。

DSC_0255.jpg

10mぐらい歩くと水路の蓋に取り外されたアプト式線路が使われていました。

DSC_0257.jpg

中山道歩きをスタートします。

荻野屋の裏手を進みます。

DSC_0258.jpg

街道歩きの雰囲気たっぷりの道です。

DSC_0259.jpg

横川までの道にもありましたが、庚申塔、二十三夜塔が並んでいます。

DSC_0260.jpg

進んでいくと右手に置きな建物が見えました。

DSC_0263.jpg

横川の茶屋本陣の建物です。

今は住人がいるようで、非公開です。

DSC_0262.jpg

こんな街並みが続きます。

DSC_0266.jpg

すぐに関所跡の案内がありました。

DSC_0267.jpg

関所はこのような配置になっていたようです。

右の門が東門で江戸方面です。

DSC_0271cc.jpg

門柱、門扉などは当時のものを利用して復元された東門があります。

DSC_0269.jpg

通行人が手形を差し出したおじぎ石といわれる石があります。

DSC_0272.jpg

関所跡を出て、少し広い道になりますが、旧中山道はこの先の細い坂道に入っていきます。

DSC_0275.jpg

薬師坂という急な坂です。

DSC_0277.jpg

坂の途中に薬師堂という小さなお堂が建っています。

碓氷峠越えの無事を祈るため建てられたといわれています。

DSC_0280.jpg

坂を上ると国道18号線に合流しました。

正面の山が刎石山で、旧中山道はこの山を越えていきます。

DSC_0285.jpg

しばらくのどかな道を進みます。

大型トラックはほとんど通りません。

DSC_0286.jpg

柿のオレンジ色もきれいです。

DSC_0289.jpg

廃屋もところどころに見られます。

DSC_0290.jpg

水神の祠が建っています。

DSC_0293.jpg

坂本宿の入り口に着きました。

DSC_0296.jpg

坂本宿は江戸から十七番目の宿場で、本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠40軒の宿場町でした。

道幅は約15m 真ん中に1.3mの水路があったといわれます。

DSC_0297.jpg

渓斎英泉の版画にも坂本宿の様子が描かれています。

通りの中央には水路があります。

17sakamoto.jpg

宿場の街を進んでいきます。

DSC_0299.jpg

現在は道路の真ん中に水路はありませんが、側溝にはきれいな水が流れています。

DSC_0303.jpg

中村碓嶺(俳人)の生家です。

坂本宿は街道文芸として俳句、短歌が盛んだったそうです。

DSC_0304.jpg

斜め向かいに佐藤本陣跡があります。

この建物は後に建てられたものです。

坂本小学校発祥の地という案内板もありました。

DSC_0306.jpg

斜め向かいに、永井脇本陣跡があります。

この門は当時のものらしいです。

DSC_0309.jpg

このあたりが中心地だったと思われ、脇本陣跡が続きます。

これは酒屋脇本陣跡で、今は公民館として使われています。

DSC_0313.jpg

続いて「かぎや」という旅籠の建物がありました。

DSC_0314.jpg

この看板は当時のままでしょうか。

DSC_0316.jpg

小林一茶の定宿の案内板がありました。

「坂本や 袂の下は 夕ひばり」

DSC_0319.jpg

しばらく歩くと綺麗な石柱が立っていました。

丸仁屋跡となっていますが何をやっていたかは分かりません。

右の面には 「東 江戸へ三十四里」 左の面には 「西 京へ百二里」と彫ってありました。

DSC_0322.jpg

この写真は公民館の前に立っていた案内板です。

DSC_0312c.jpg

坂本宿の各家には屋号がついています。

DSC_0323.jpg  DSC_0324.jpg

そうこうしているうちに、上木戸に来ました。

坂本宿の京都側の出入り口です。

京都側から見た写真になります。

後ろに見えるデイリーストアで飲み物、食べ物を買わないと、軽井沢まで何もありません。

DSC_0326.jpg

初日の前半はここまでです。

続きは次回に掲載します。

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(103)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

晴れの日の散歩 10月13日(火) [フォト散歩(Walking)]

三連休は終わりましたが、皆さまどんな過ごし方をされましたか。

11日はあまり良い天気ではありませんでしたが、10日と12日は良い天気でした。

前回の記事で少し触れましたが、私は、9日、10日に中山道歩きの続きに行ってきました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

10月6日の散歩道です。

この日は良い天気でした。

色とりどりのコスモスに陽が当たってきれいです。

D75_1621.jpg

コスモスには蝶が止まっています。

D75_1654.jpg

まぶしいぐらいです。

DSC_0147.jpg

柿の実もおいしそうな色になってきました(この柿は食べられるかどうか知りません)

DSC_0149.jpg

あふれるほど生っています。

DSC_0150.jpg

注意して歩かないと、こんな蜘蛛の巣に突入したら大変です。

DSC_0154.jpg

前をよく見て歩きましょう。

DSC_0221.jpg

ここの鴨は、八羽だったはずだけど、違う家族が侵入したのでしょうか。

DSC_0155.jpg

川の上には辛夷の木がかぶさっています。

この時はいませんでしたが、ここにはリスが来て、落ちた赤い実を食べていることがあります。

DSC_0157.jpg

コスモスの季節、真っ只中です。

DSC_0158.jpg

私の好きなシュウメイギクが見ごろでした。

DSC_0161.jpg

ピンクもありますよ。

DSC_0189.jpg

白いコスモスを裏側から撮影です。

白さがひときわ目立ちます。

DSC_0164.jpg

銀髪紳士の髪の毛のようにススキが光っています。

私の頭も相当白くなっていますが、これには勝てません。

DSC_0167.jpg

「ボク! 何を見てるの?」

DSC_0174.jpg

キジバトがいました。

DSC_0175.jpg

これは何でしょう。

グミの実のように見えますが、葉の形が違うような・・・??

DSC_0178.jpg

いつもの押絵のあるお宅です。

キツネとタヌキが紅葉の下で酒を飲む。

化かし合いをしているのでしょうか。

DSC_0181.jpg

ハナミズキは実だけでなく葉の色も変わり、赤い木になっています。

DSC_0183.jpg

イチョウも黄色くなりました。

DSC_0192.jpg

あの匂いが漂っています。(ここは警察学校の構内なので採る人がいません)

DSC_0194.jpg

十月桜が咲き始めました。

DSC_0195.jpg

日付がわかっているかのように10月になった途端に咲き始めました。

DSC_0199.jpg

ここで引き返します。

息子が通っていた高校のイチョウの木は一段と黄色くなりました。

DSC_0204.jpg

酔芙蓉の花に蜂かアブが飛んでいました。

DSC_0208c.jpg

何か見つけた!!

DSC_0211.jpg

地面にはドングリがたくさん落ちていました。

DSC_0210.jpg

金平糖のような溝ソバの花はかわいいですね。

DSC_0216c.jpg

最初の場所に戻ってきました。

コスモスにはいろいろな虫が集まっています。

DSC_0233.jpgDSC_0237.jpg

枯れたアジサイの花、

DSC_0245.jpg

カシワバアジサイの葉も色が変りました。

DSC_0246.jpg

昨日の富士山、箱根の夕景です。

D75_1685.jpg

富士山の初冠雪のニュースが流れていました。

13日朝 6:00撮影です。

D71_3142.jpg

これから一日ごとに気温が下がり、秋も深まっていくでしょう。

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6
1 NIKKOR  30-110mm f3.8-5.6


次回から、中山道、坂本宿、碓氷峠越え、軽井沢宿を掲載予定です。


nice!(90)  コメント(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

本日休業 10月11日(日) [独り言]

今朝は朝から雨が降っています。

9日、10日は出かけていました。

昨日夜帰ってきましたので、今日の記事ができていません。

また、みなさんへの訪問もできていません。

本日はお休みにさせていただきます。

昨日行ったのは、こちらです。

DSC_0472.jpg

いよいよ長野県に入りました。

DSC_0490.jpg

久しぶりに山道を登りましたので大変でした。

今日はゆっくり休養です。



次回の更新は、13日です。

本日もご訪問ありがとうございました。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(97) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日比谷から四谷まで歩きました  10月9日(金) [お出かけ(東京)]

台風23号の影響による一昨日の強風も治まり、昨日は穏やかな天気でした。

しかし朝は気温は下がり、さすがに半袖姿は見られなくなりました。

前回の記事の続きです。

新橋から銀座へ、その後有楽町を過ぎて日比谷交差点まで来ました。

ここから皇居のお堀に沿って歩きます。

D71_3069.jpg

実はこの通りは甲州街道なんですよ。

D71_3070.jpg

通りの向こうには法務省?のレンガ造りの建物が見えます。

D71_3071.jpg

桜田門が近づいてきました。

ここまで走ってきたのでしょうか、女性が体操をしています。

D71_3072.jpg

なんとこの人は阿波踊り(だと思う)の練習をしていました。

D71_3075.jpg

内堀通りからの景色はきれいですね。

D71_3077.jpg
D71_3078.jpg

平日の午後ですが、相変わらずマラソンしている人がいます。

D71_3079.jpg

やっぱりシルバー世代とか、学生らしき人が多かったです。

D71_3080.jpg

このあたりから緩い上り坂になります。

お堀の水面が低くなりました。

D71_3081.jpg

この女性は一人で散歩中?

日本人ではありませんでした。

D71_3082.jpg

マラソンしている人が落としたのでしょうか?

(直径10cm余りの柔らかいウレタンでできた円錐形のものです)

簡単に落ちるものでしょうか?

男性にはわかりません。

D71_3084.jpg

国立劇所の前で、  バイクのお兄ちゃんどうしたの?

最近はリッターバイクが当たり前になったので、白バイもCB1100なのですね。

D71_3086.jpg

この道は散歩にはいいですね。

別にあの女性の後をつけているわけではありません。(念のため)

D71_3087.jpg

お堀側の草むらは雀の学校です。

D71_3088.jpg

坂道をかなり上ってきました。

D71_3089.jpg

坂ももう終わりです。

D71_3090.jpg

半蔵門に着きました。

天皇陛下がお出かけの時はこの門を使われることが多いようです。

D71_3091.jpg

新宿方面に向かって進みます。

D71_3092.jpg

クッキーで有名な泉屋の本社がありました。

子供の頃、泉屋のクッキーを初めて食べたときの感動は今でも忘れません。

D71_3093.jpg

向かい側には、焼き芋屋さんもありました。

D71_3098.jpg

参議院議員宿舎前という交差点があったので、通りを覗くと・・

家賃は数万円なのでしょうね。

D71_3097.jpg

麹町に住んでいる若い人はどんな人?

D71_3099.jpg

四谷駅前に着きました。

D71_3100.jpg

翌日から始まる、私が所属している写真サークルの作品展の準備があります。
<作品展は1日から7日まででしたので終了しています>

四谷駅近くのギャラリーに向かいます。

といっても自分達では出来ないので業者の人にお願いしました。

D71_3106.jpg

さすがに手際よく、短時間で終わりました。

D71_3111.jpg

私の写真は以前、ブログ記事にアップしたものばかりです。

大きいサイズにプリントして、額に入れると見栄えが良いですね。

D75_1662.jpg

良い天気の9月最終日でした。

D71_3101.jpg

この日は、新橋から銀座、四谷と歩き、1万7千歩でした。

今日は出かけます。

みなさんへの訪問は遅れます。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR


nice!(94)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりに東京へ 10月7日(水) [お出かけ(東京)]

昨日の朝は寒い朝でした。

久しぶりにいつもの散歩道を歩きましたが、さすがに半袖姿はありませんでした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

9月30日(水)に所用があり、久しぶりに東京に出かけました。

大船にバイクを置き、東海道線に乗り、下りたのは新橋です。

D71_3041.jpg

何か非常にすっきりした感じです。

隣の、京浜東北線、山手線のホームには昔からある、ホームの屋根があります。

D71_3042.jpg

山手線ホームから見た東海道線のホームには、昔からある屋根がありません。

上には大きな屋根ができています。

D71_3044.jpg

あの人に会いに一駅戻ります。

山手線で隣の駅、浜松町で下車しました。

今月は・・・・

D71_3045.jpg

ハロウィンの衣装を着ています。

去年までにはなかった衣装です。

D71_3046.jpg

小便小僧も年寄りにはわからない祭りに巻き込まれています。

ここの小便小僧も、還暦を過ぎているはずですが・・・(昭和27年に設置されました)

D71_3048.jpg

再び新橋に戻って、外から駅を見ます。

D71_3049.jpg

大きな屋根ができてました。

DSCN1189c.jpg

新橋駅から銀座通りのほうに向かいました。

以前は見かけなかった表示ですね。

D71_3050.jpg

こちらにも

D71_3052.jpg

銀座通りは相変わらず・・・

D71_3054.jpg

バスが並んでいます。

今月初めはどんな状態だったでしょうね。

D71_3055.jpg

LAOXは中国資本の会社です。(数年前そうなりました)

店の前には着物の女性が立っています。

D71_3056.jpg

私が向かったのは、右に見える白い建物の1階です。

D71_3062.jpg

先日不調になったカメラを持って、ニコンのサービスセンターへ行きました。

D71_3036.jpg

このレンズは不具合でリコールが出ていました。

工場入院となり、預けて帰りました。



外に出て再び銀座の街を進みます。

ここは松坂屋があったところですが、どんな建物ができるでしょう。

D71_3059.jpg

靴屋さんのショーウィンドウはキャンディで埋め尽くされていました。

D71_3060.jpg

ちょっとした街角の光景です。

座り込んでいるのは、C国の観光客です。(スマホのお姉さんもそうかな?)

D71_3063.jpg

数寄屋橋の交差点まで来ました。

数寄屋橋阪急があったところに新しい建物ができていました。

D71_3064.jpg

東急不動産が建設中のファッションビルで、来年春にオープン予定だそうです。

D71_3066.jpg

GINZA5FIVEにはこんな店もありました。

D71_3065.jpg

有楽町を過ぎて日比谷のほうに向かいます。

ホテルペニンシュラの前

日傘をさした人が来たので通行中の写真を撮ろうとしたら、急に傘を閉じてしまいました。

D71_3067.jpg

日比谷交差点まできました。

D71_3068.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月3日、荷物が届きました。

D75_1668.jpg

10日に使いたいので、9日までに着くようにお願いしていたけど3日に着きました。

D75_1669.jpg

もちろん無償修理です。

次回は日比谷から歩きます。

本日もご訪問ありがとうございました。



D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR


nice!(103)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉の萩巡り(白) 10月5日(月) [鎌倉の寺社]

今回の土日は良い天気で、昼間は暑いくらいでしたね。

前記事の海蔵寺、浄光明寺に行った日(29日)の午前中は宝戒寺に行きました。



八幡宮は平日でも人が多いです。

D75_1493.jpg

宝戒寺は鶴岡八幡宮のすぐそばです。

D75_1494.jpg

宝戒寺は白い萩で有名です。

D75_1497.jpg

拝観料を払うときに聞いてみたら、今年は例年より少し遅いようだとおっしゃっていました。

でもまあまあ咲いているようです。

D75_1496.jpg

本堂の前には赤い萩も少しだけあります。

D75_1498.jpgD75_1501.jpg

境内には萩のほかにいろいろな花が咲いています。

ピンクの芙蓉です。

D75_1503.jpg

鐘楼の横には酔芙蓉が咲いています。

D75_1504.jpg

午前中なので花はまだ真っ白です。

D75_1505.jpg

ここの鐘突き棒のロープはなぜか紅白でした。

D75_1509.jpg

2、3年前に来たときは真っ白の花であふれていましたが、今年はそうでもありません。

D75_1506.jpg

一方で散り始めた花もあります。

D75_1510.jpg

これはよく見かけますが・・・・・? 名前が出てきません

D75_1512.jpg

ホトトギスが咲き始めています。

D75_1532.jpg

蕾がたくさんあるので、これから次々に咲くでしょう。

D75_1520.jpgD75_1522.jpg

白い彼岸花もあるはずですが、終わっていました。



これは蜂でしょうか?

赤い萩に止まっています。

D75_1513.jpg

白い萩にも止まっています。

D75_1528.jpg

赤白混血の萩がありました。

D75_1535.jpg

ミズヒキソウも生き生きと咲いていました。

D75_1538.jpg

境内は多からず、少なからずの人出でした。

D75_1543.jpg

狭い境内ですので一通り回るのも、それほど時間はかかりません。

D75_1547.jpg

宝戒寺を出て、小町通のほうに向かいます。

八幡宮の前は相変わらず賑わっています。

D75_1549.jpg

段葛は来年の3月まで工事が続くようです。

正月の初詣の時はどうなるんでしょう。

この表示によれば、段葛は鶴岡八幡宮の境内の一部ということになりますね。

知りませんでした。

D75_1550.jpg

鎌倉の萩、白編でした。

本日もご訪問ありがとうございました。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


タグ:宝戒寺
nice!(97)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鎌倉の萩巡り(赤) 10月3日(土) [鎌倉の寺社]

昨日の早朝は強い雨が降りましたが7時ごろには雨も止み風も治まりました。

午後3時ごろから散歩に行きましたが、蒸し暑くて汗だくになりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++

9月29日(火)に鎌倉に行ってきました。

萩の季節ですので、午前中に宝戒寺、午後から海蔵寺、浄光明寺に行きました。

今日の記事は海蔵寺と浄光明寺です。

時期が早かったのか、気候の影響なのかあまり咲いていません。

以前来た時には萩の花の色で埋めつくされるほど咲いていました。

D75_1581.jpg

何か色が悪いです。

D75_1576.jpgD75_1574.jpg

後ろの白く見える花は、白萩です。

D75_1583.jpg

門を入ると、芙蓉の花とシオン(?)の花が壁のように咲いていました。

D75_1567.jpg

海蔵寺は何度も来ていますが、こんな華やかな時期に来たのは初めてです。

D75_1568.jpg

本堂にお参りし本堂裏の庭に行きました。

綺麗な庭園があります。

D75_1552.jpg

海蔵寺は臨済宗建長寺派のお寺です。

D75_1558.jpg

鎌倉には「花の寺」と称するお寺がいくつかありますが海蔵寺もその一つです。

竜胆の花も咲いています。

D75_1559.jpg

こんなところにも・・

D75_1578.jpg

芙蓉の花はもう終わりが近いですね。

D75_1561.jpg

赤い傘は一年中あります。

二人の女性はC国の言葉でした。

D75_1563.jpg

ホトトギスも咲き始めました。

D75_1565.jpg

コムラサキもあります。(後ろに赤い彼岸花が残っていました)

竜胆、ホトトギス、など青、紫の色が目立ちます。

D75_1570.jpg

帰りに山門前のモミジをも見上げたらこんな色になっていました。

海蔵寺の紅葉も11月中旬には真っ赤になります。

D75_1584.jpg

海蔵寺を出て次に向かったのは近くにある浄光明寺です。

D75_1588.jpg

こちらも花付きが良くないですね。

D75_1589.jpg

萩でも枝ぶりというのでしょうか、乱雑に伸びています。

D75_1591.jpg

この萩は少し色が濃い種類でした。

D75_1594.jpg

浄光明寺でもホトトギスの花が咲いています。

D75_1609.jpg

少しだけですが彼岸花も残っていました。

D75_1607.jpg

萩の花にはキチョウ?が忙しそうに飛んでいました。

D75_1597.jpg

中々じっとしていません。

D75_1603.jpg

浄光明寺を出ました。

D75_1599.jpg



「赤」の次は「白」です。(ワインではありませんよ)

次回の記事はこの日、午前中に行った、宝戒寺の白い萩です。

本日もご訪問ありがとうございました。



この週末は湿度も下がって気持ちの良い天気になるようです。

お出かけ日和ですね。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


nice!(92)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 10-3 10月1日(木) [中山道を行く]

今日から10月です。

今年もあと3か月、あっという間に新年ですね。

昨日は非常に良い天気で外を歩いていても、気持ちの良い天気でした。

++++++++++  中山道歩きの続きです  ++++++++++

高速道路の下でおにぎりを食べ、休憩した後、出発します。

柿の木にはオレンジ色の実がたくさん生っています。

 DSC_0092.jpg

歩き出すと、民家の庭先に庚申塔、二十三夜塔が立っています。

二十三夜塔とは、(ネットより引用)

18世紀の後半から昭和の初期にかけて、日本の各地で「講」を組織した人々が集まって、
月を信仰の対象として精進・勤行し、飲食を共にしながら月の出を待つ、月待ちの行事をしました。
その際供養のしるしとして建てた石碑(月待塔)のひとつが、二十三夜塔です。

DSC_0093.jpg

少し先に行くと、こんな案内が、

DSC_0094.jpg

矢印に沿って行くと民家の横に高札場跡の案内が立っていました。

DSC_0095.jpg

道の先には踏切があります。

板塀の建物が見えます。

DSC_0096.jpg

左手のほうには白壁の建物が見えます。

DSC_0101.jpg

ここは五料の茶屋本陣跡で、群馬県指定史跡です。

五料は地名で、茶屋本陣とは、参勤交代で往来する大名や公家の休憩所として利用された場所です。

休憩場所なので、宿泊する本陣とは違います。

2軒ありますが、どちらも中島家の屋敷で、1年交代で茶屋本陣を営んでいたようです。

西側にあるのが、「お西」、東にあるのが「お東」と呼ばれたようです。

こちらがお東。

ちょうど彼岸花が咲いていました。

DSC_0097.jpg

お東の門ですが、こちらからは入れません。

DSC_0098_01.jpg

こちらは「お西」の建物です。

中は公開されています。

中に入ると、時間が足らなくなるので中には入りませんでした。

DSC_0100.jpg

五料茶屋本陣を後に、街道に戻ります。

しばらく行くとまた踏切を渡ります。(踏切の先の坂道を上ります)

DSC_0102.jpg

こういう石碑はいたるところにあります。

DSC_0103.jpg

坂道の頂点に大きな木が見えました。

DSC_0104.jpg

歌川広重の版画です。

ここからの景色だとガイドブックに出ていました。

16matsuida.jpg

この先に夜泣き地蔵が立っています。

この手前に茶釜石という石がありましたが、写真を撮るのを忘れました。

小さな石で叩くと茶釜をたたいたような音がするとのことです。

DSC_0106.jpg

のどかな道を進みます。

DSC_0109.jpg

妙義山の山姿がまた変わってきました。

DSC_0110.jpg

道端に馬頭観音があり、旧街道の趣があります。

DSC_0111.jpg

また線路沿いの道になります。

実際の道は、線路の向こうの広い道を横切って家のあるほうだと思います。

DSC_0112.jpg

しばらく行き、碓氷神社の赤い鳥居の前を通ります。

DSC_0113.jpg

碓氷神社の先の踏切を渡り、国道を横断して旧道に入ります。

ここにも庚申塔と二十三夜塔が立っています。

DSC_0114.jpg

道祖神も立っています。

車が少ないので、あちこち見ながら進めます。

DSC_0116.jpg

左下には稲刈りが終わった小さな田んぼが見えています。

写真には見えませんが碓氷川という川もあります。

DSC_0119.jpg

突然こんな石が現れました。

百合若大臣の足痕石という石で、横に説明版がありました。

昔、百合若大臣という大男がいて、ここから川の対岸に弓を放った。

その時、この石の上で足を踏ん張ったっため石に穴が開いた。

<実話かどうか?こういう話はよくある話ですね。>

DSC_0118.jpg

この時からカメラの調子が悪くなりピントが合わなくなりました。

街道歩きの時は、電池、メモリーカード、バックアップのコンデジ、を持っていきます。

D71_3038.jpg

コンデジを利用しながら前に進みます。

この看板が出て、また踏切を渡ります。

鉄道は後からできたものなので、旧道はまがりくねった道だったのですね。

DSCN1180.jpg

旧中山道は踏切を渡って、左に進みます。

DSC_0120.jpg

しばらく線路沿いを進みますが、

DSCN1182.jpg

やがて集落に入っていきます。

DSC_0121.jpg

さらに進むと峠の釜めしの荻野屋の前につきました。

DSC_0122.jpg

横川駅はすぐ前です。

DSC_0123.jpg

ここから高崎方面の電車は1時間に1本ぐらいです。

時間があれば、この先の関所跡などを見るつもりでしたが、丁度5分後に次の電車が来ます。

この日はこれで終了しました。

この先はいよいよ碓氷峠を超えて、軽井沢です。

13:58の電車で高崎に戻ります。

DSC_0125.jpg

この日の歩数は24,000歩でした。

高崎駅から在来線東京上野ラインで大船についたのは18時頃でした。

本日もご訪問ありがとうございました。

今日から週末にかけて天気は荒れ模様とのことです。

皆さまご注意ください。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6
1 NIKKOR  30-110mm f3.8-5.6
Nikon coolpix s9300


nice!(96)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。