So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

久々の散歩 6月30日(木) [フォト散歩(Walking)]

今日は6月30日、今年も半分終わってしまいましたね。

月日が超スピードで過ぎてゆく感じがします。



6月15日に収監生活から解放され、2週間経ってしまいました。

ホッと一息ついた17日、久しぶりにいつもの散歩コースです。

その日は夜中に弱い雨が降ったようでした。

紫陽花の小路を行きます。

D71_6504.jpg

雨上がりでしたので瑞々しい感じがします。

D71_6497.jpg

花には水滴がついています。

D71_6498.jpg

かなり降ったようです。

D71_6502.jpg

この紫陽花はもう見ごろを過ぎたような感じです。

D71_6511.jpg

早くも合歓の花が咲き始めていました。

今年はすべての花が早いような気がします。

D71_6505.jpg

これは何の花でしょうかね~?  よく見る花ですがすぐ忘れます。

D71_6512.jpg

ヤマモモの実が生り、赤くなりました。

ムクドリがやってきて実をつついています。

D71_6514c.jpg

メジロもやってきましたが、メジロの口には大きすぎるようです。

D71_6517c.jpg

ちょっとつついているばかりでムクドリのようにはいきません。

結局くちばしで少しつついて何処かへ飛んでいきました。

D71_6518c.jpg

半夏生が大分白くなってきました。

D71_6520.jpg

これも最終的には緑の葉になるんですね。

D71_6521.jpg

いつも人が多い遊歩道もこの日は人が少なめでした。

D71_6522.jpg

ビヨウヤナギの花もほとんど終わっていましたが、きれいな花を選んでパチリ

D71_6524.jpg

6月半ばなのにこんな色のモミジが雨に濡れて垂れていました。

D71_6526.jpg

いつもの押絵です。

紫陽花、アマガエル、カタツムリ、こんな景色が見られなくなりました。
(紫陽花は沢山ありますが、アマガエル、カタツムリは最近ほとんど見ません)

D71_6530.jpg

しばらく歩くとまたヤマモモが沢山生っている木がありました。

D71_6536.jpg

ふと目の前を見るとリスがいます。

普段はじっとしてないですが、このリスはしばらくじっとしていました。

2mぐらいしか離れていません。

D71_6533.jpg

雨上がりの曇り空がだんだん晴れてきました。

タチアオイも威張ったように高く伸びています。

D71_6539.jpg

5月末に子連れのカルガモがいた所に来ましたが、2週間もすると子供か親か分からなくなりました。

D71_6542.jpg

盛んに羽をバタバタしていました。

水面で羽を動かしたり、

D71_6543.jpg

飛び立つようなそぶりを見せます。

D71_6545.jpg

11時ごろには、空はすっかり晴れ渡りました。

D71_6549.jpg

6月17日の散歩でした。

++++++++++++++++++++++++++++++

今年もベランダ栽培でミニトマトに挑戦です。

1回目の収穫ができるようになりました。

D71_6553.jpg

苗を買うとき余り確認しなかったら細いトマトでした。

D71_6551.jpg

黄色いミニトマトも出来ました。

D71_6615.jpg

ミニトマトの写真は昨日撮影したものです。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mmf/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Mirco NIKKOR 60mmf2.8G  ED


nice!(101)  コメント(34) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

収監生活(2) 6月28日(火) [独り言]

予定通り、日曜日の夜帰ってきました。

東海道新幹線に乗りましたが、いつ乗っても混んでいますね。

JR東海が儲かるはずです。

昨日は梅雨の晴れ間という言葉がピッタリの天気でした。

今日からはまた梅雨らしい天気だそうです。



前回に続きます。

今回はオーシャンビューの部屋でなく、向かいの部屋の廊下側でした。

入院日後に、同じ部屋の窓際が空いたので変えてもらいました。

byoutouroom.jpg

シーサイドラインの写真で鉄チャン気分です。

部屋から撮るとこうなります。

曇りの日

DSCN1436c.jpg

ちょっと晴れ間のある日です。

DSCN1438.jpg

夕方の光が屋根に当たって光っています。

DSCN1450.jpg

この日の夕日は少し雲がかかってきました。

DSCN1455.jpg

晴れた日の朝は順光になるのできれいです。

DSCN1439.jpg

横の立体駐車場からは綺麗に撮れます。

DSCN1441.jpg

こんなことをしながら日にちが過ぎていきます。

DSCN1446.jpg

ちょっと脱走。

八景島の紫陽花でも見に行こうかと思いましたが、大脱走になるので止めました。

DSCN1475.jpg

小さな鯖が釣れていました。

DSCN1445.jpg

帰り道、秋のような光景に出会いました。

DSCN1449.jpg

今頃紅葉して、葉が入れ替わるのでしょうか。

DSCN1447.jpg

脱走するのは、早朝が多いです。

6月11日の朝です。

この日は東の海辺まで。

DSCN1460.jpg

東京湾の向こうから朝日が昇ります。

DSCN1461.jpg

朝陽はどんどん上がっていきます。

DSCN1471.jpg

周囲の木々に朝日が当たってきました。

これはザクロの木?

DSCN1473.jpg

病院に戻って同じ方向を見ます。

太陽はもう上がってしまい、海面がきらきら光っています。

DSCN1478.jpg

こんなことをしていてもお腹は空いてきます。

ある日の昼食です。

1日1700kカロリーにコントロールされているので、体重が2kg減りました。

この昼食はカロリーが高そうですが、その代わり夕食は低カロリーの食事になります。

病院の食事をしているだけで、健康になります。

DSCN1479.jpg

今回はPCを持って行ったので退屈しませんでした。(TVは見ませんでした)

皆さんのブログを見たり、自分の記事更新をしたりで結構楽しく(?)暮らせました。

自分の記事は、写真はあらかじめアップロードしておいて記事の編集は入院中にしました。

本も読みましたよ。

本屋大賞「羊と鋼の森」・・ピアノの調律師を主人公にした読みやすい本でした。

DSCN1480.jpg

友人が紹介してくれた、「ツバキ文具店」

鎌倉を舞台にした楽しい物語でした。

 DSCN1482.jpg

有隣堂(横浜を中心としていくつかお店がある書店です)は力が入っています。

専用のブックカバーを作っていました。

DSCN1483.jpg

最初に出た血液検査の数値も正常範囲になってきました。

13日夜に出所許可が出ました。



14日の夜明け前の空です。

病室を出て数歩の廊下の端より撮影。

DSCN1488.jpg

15日に出所することにしました。

DSCN1492.jpg

ある日の歩数(脱走した日です)

平均して1日5千歩ぐらいでした。

部屋からトイレ往復でも150歩ぐらいあります。

飲み物やコーヒーを買いに行くと、それだけで500歩ぐらいあるのでこれ以上歩いてました。

DSCN1500.jpg

退院後2週間経ちましたが、入院前と同じような普通の生活をしています。

とはいえ、この薬は飲み続けなければなりません。

本日もご訪問ありがとうございました。



Nikon coolpix s9300


nice!(98)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

収監生活(1) 6月25日(土) [独り言]

昨日の午後から世界は大騒ぎになりました。

イギリスのみならず、世界の各国に大きな影響が出るでしょう。

株が上がっても下がっても私には関係ありませんが、不安定な世界になるのは困ります。

動向に目を離せなくなりました。

・ 

前記事で、6月3日から収監生活をしていた事を掲載しました。

今回の入院は、私にとっては初めて飲む薬による治療です。

人によっては重度の副作用が出るらしく、薬を服用しながら経過観察をする入院でした。

入院初日、午後薬剤師から薬の説明がありました。

最悪の場合の例を聞くと不安になります。

4日(土)から服用開始です。

直ぐに副作用が出るわけではありません。

土、日は検査などないので暇です。

何もしないと足が弱るので、できる限り歩くようにしました。

自慢できることではありませんが、この病院に入院するのは2年前から今回で6回目です。

今までの入院では最初の1週間は24時間の点滴が付いていましたので不自由でした。

今回は点滴もついていません。

散歩はほぼ毎日していました。

散歩と言っても病院の周囲又は廊下を歩くだけです。
(2回ほど、1階から8階まで歩いて上がりました)

ちょうど紫陽花の見ごろでした。

DSCN1399.jpg

食事制限はありませんので、午前10時ごろになるとコーヒータイムです。

DSCN1402.jpg

上の写真は早朝に撮った写真ですが、コーヒーを買いに行くときはこんな光景になります。

DSCN1421.jpg

6月6日の散歩で見つけた駐車場の片隅に咲いていた金糸梅。

DSCN1415.jpg

普通の紫陽花も綺麗に咲いていました。

この日、窓側のベッドが空いたので場所を変えてもらい、閉鎖空間から解放されました。

DSCN1418.jpg

6日の血液検査で想定通りの副作用が出て(自覚症状はありません)、7日はCT検査。

経験ある方はご存知の通り、CTは痛くもかゆくもありません。

ある日の散歩

良い天気でした。

DSCN1424.jpg

病院はシーサイドラインに直結しているので便利です。

DSCN1425.jpg

子供のいる看護師さんのための保育所です。

大きな病院には必要な施設ですね。

DSCN1426.jpg

隣の大学の施設ですが、結構著名な先生がいるそうです。

私の病気の治療法も研究しているそうですが、間に合うかどうか???

DSCN1420.jpg

ギボウシも咲き始めていました。

DSCN1427.jpg

この日は脱走(?)して病院のネームバンドをしたまま海べりまで。
(本当は病院の敷地外に出てはいけません。このことは内緒です)

朝6時頃なので夜露がついています。

DSCN1431.jpg

ここは6月21日の記事と同じ場所です。

DSCN1433.jpg

手前にいた猫チャン。

眠り猫(?)です。

DSCN1435c.jpg

曇りの日が多かったけれど、こんな天気の日もありました。
(病院の屋上から撮影。こちらは東の空ですので正面の白いものは富士山ではありません)

DSCN1422.jpg

次回に続きます。

今日は朝から所用(ジジ馬鹿)で出かけ、明日帰宅します。

皆さんへの訪問とコメントの返事は後日となりますのでご了承願います。



次回更新は6月28日(火)の予定です。

Nikon coolpix s9300


nice!(115)  コメント(27) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

病院の帰り(続き) 6月23日(木) [お出かけ]

九州では大雨が続いているようです。

横浜では一昨日に3時間ぐらい降ったものの、それ以後ほとんど降りません。

窓を開けても、湿気を含んだ風が入ってくるだけです。

ところが今朝6時ごろから雨が降り出しました。(7時に追記)

前回の続きです。

前回の記事は、説明があいまいでしたが、診察が終わり、病院を出た後の写真です。

海辺から少し離れて、着いたのはこちらです。

D75_0046.jpg

桜並木の参道は花が咲くときれいだと思います。

残念ながら、桜の時期に行ったことはありません。

D75_0047.jpg

称名寺の仁王門です。

この門を通ることは出来ないので横の通用門から入りました。

D75_0048.jpg

このお寺の浄土式庭園はきれいです。

D75_0051.jpg

夕方のひと時を、景色を見ながら過ごすのもいいですね。(17時頃です)

D75_0052.jpg

1320年ごろに出来たそうですが、1987年に復元されました。

D75_0056.jpg

夕日が当たり、池に映り込んだ橋は金色の橋みたいです。

D75_0057.jpg

気持ちの良い晴天でした。

右上に月も出ていますが、月夜の光景もいいでしょうね。

D75_0059.jpg

17時半ごろになりました。

烏が鳴くから帰りましょう。

D75_0067.jpg

ここは秋のイチョウも綺麗ですよ。
一昨年の秋の記事です。 http://takenoko-photo.blog.so-net.ne.jp/2014-11-29

違う季節にも来てみましょう。

D75_0072.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++

実は・・・この日の診察では ・ ・ ・

収監のため、6月3日に出頭するように言い渡されました。

・ 

・ 

6月3日
(この写真は4月に撮ったものです)

D71_5902c.jpg

着替えの入った荷物を持って建物に入っていきました。

DSCN1400.jpg

昨年の8月、今年の1月にも入院しているので戸惑うことはありません。

今年の1月にはこちらの部屋でした。

DSCN1414.jpg

オーシャンビューの気持ち良い場所でした。

DSCN1227.jpg

今回は反対側で、窓の外は隣の病棟が見えるだけです。

DSCN1495.jpg

おまけに、廊下側のベッドだったので、

DSCN1409.jpg

閉鎖空間です。

DSCN1407.jpg

毎日きちんと薬を飲まねばなりません。

DSCN1411.jpg

今回もパソコンを持って行ったので、ブログ更新をしたり、皆さんの訪問をしていました。

DSCN1457.jpg


当初、2週間の予定でしたが、行いが良いので(?)14日に出所(?)しました。

現在は「本当に病人?」と言われるほど普通に歩きまわっています。

本日もご訪問ありがとうございました。

(称名寺)
D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
(その他)

Nikon coolpix s9300


タグ:称名寺
nice!(104)  コメント(33) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

病院の帰り 6月21日(火) [お出かけ]

梅雨前線が停滞し、九州では大雨になっているようです。

神奈川県もこれから1週間は曇りか雨の予報です。

水不足解消の雨になればいいですが、被害が出るような雨でないと願いたいです。



5月半ばの写真になります。

 5月18日、毎月の定期健診で病院に出かけました。

どこの病院でもそうですが、病院に行く日は最低半日はつぶれます。

この日は12時の予約でしたが、終わったのが15時半頃でした。

ブログのネタ仕込みのために、カメラを持ってきました。

病院の近所を歩いてみました。

D75_0004.jpg

伊勢志摩サミットの1週間前でした。

東京の警備のためか(?)自衛隊の空母(正式には護衛艦)が沖合に停泊しています。

D75_0001c.jpg

小高い小さな丘が作ってあります。

D75_0006.jpg

気持ちの良い晴天の日でした。

D75_0015.jpg

釣りをしている人もいます。

D75_0014.jpg

こんなにたくさんいるんですよ。
(土日はもっと込みます)

D75_0020.jpg

一人、海を見つめる人。

D75_0017.jpg

横浜港方面に見えるガントリークレーン。

D75_0016.jpg

時折、頭上に飛んできます。

ここで「のんびり弁当を食べる」なんてことは出来ません。

D75_0011c.jpg

緑地帯は草が刈っていなく生え放題です。

D75_0024.jpg

小判草、本当の小判だったら・・そんなわけないですね。

D75_0022.jpg

エンジン音が聞こえてきました。

D75_0025.jpg

どんどん近づいてきます。

D75_0026.jpg

ここには横浜市のヘリポートがあります。

消防局のヘリコプターと、県警のヘリコプターの基地になっています。

D75_0027.jpg

ゆっくりと近づきます。

神奈川県警のヘリコプターです。

D75_0028.jpg

あと少しです。

D75_0031.jpg

着地しました。

D75_0034.jpg

牽引装置をつけて、

D75_0035.jpg

ここに移動して給油していました。

D75_0038.jpg

給油が終わりました。

D75_0040.jpg

格納庫に消えていきました。

D75_0042.jpg

来た道を戻ります。

出口で黒猫に睨まれました。

D75_0044c.jpg

この後、もう1か所寄り道して帰りました。(次回掲載)

後日、病院の屋上から撮った写真です。

矢印のところにヘリポートがあります。

図1.jpg



本日もご訪問ありがとうございました。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


nice!(97)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイシーズン前の明月院 6月19日(日) [鎌倉の寺社]

真夏のような晴天が一昨日、昨日と続いています。

今朝も明るい朝になりました。

今年は空梅雨でしょうか。

散歩道に咲いている紫陽花も、水を欲しがっているようです。

6月も半ばを過ぎ、北鎌倉の明月院は連日込み合っているようです。

私は、嵐の前の静けさを感じる5月末によくお参りします。
(5月31日15時ごろ)

このぐらい色づいた花が咲くころです。

D75_0170.jpg

今年は咲いている花が多そうでした。

D75_0193.jpg

この時間でも人が沢山います。

D75_0172.jpg

明月院の紫陽花はほとんどブルーの紫陽花です。

D75_0173.jpg

例年より咲いている花は多く、人も多いです。

D75_0176.jpg

この日は曇り空でしたので、この庭の色どりも綺麗でした。
(天気が良いと写真写りはどうしてもきつくなります)

D75_0177.jpg

丸窓の景色は必ず撮ります。

奥の庭は、翌日の6月1日から公開だと思っていたら5月26日から公開されていました。

しかし15時30分にしまった直後でした。

結果的に丸窓の写真に人が入り込まなくて済みました。

D75_0179.jpg

この色が多いですが、

D75_0180.jpg

一部にはこんな紫陽花があります。

D75_0182.jpg

takenokoとしては、竹藪と絡めて撮らざるを得ません。

D75_0183.jpgD75_0185.jpg

月笑軒で抹茶でもいただきたかったのですが、ここも15時半で終了。

この時間になってもまだ入ってくる人がいます。

レンタル着物の安物ではなさそうです。

D75_0188.jpg

徐々に境内は静かになってきます。

D75_0187.jpg

門の横にある紫陽花が、毎年一番に色づきますが、今年はそうでもありませんでした。

D75_0192.jpg

こちらが一番濃い色でした。
実際はもっと濃いブルーになるはずです。

D75_0195.jpg

明月院を出て、家の近くの散歩道によりました。

鴨の雛が毎年見られる場所です。

D75_0203c.jpg

何方がお父さんでしょう?

D75_0204.jpg

この時は4羽いましたが、昨日見たら2羽しかいませんでした。

D75_0208.jpg

横の木には雀が

D75_0216c.jpg

雀はカメラを向けるとすぐ逃げますが、この日はじっとしていました。

D75_0217c.jpg

橋の欄干に止まっていた鳩。

D75_0219.jpg

全く同じ動きをしていました。

D75_0220.jpg


本日もご訪問ありがとうございました。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


タグ:明月院
nice!(101)  コメント(35) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東慶寺の花たち 6月17日(金) [鎌倉の寺社]

梅雨空が続いていますが雨はあまり降りません。

水不足が深刻になってきました。

今年の天気はいつもと違うので、この先心配です。



6月も半ばを過ぎ北鎌倉の明月院周辺は混んでいるでしょうね。

私は近づかないことにしています。

混雑する前に、6月2日に北鎌倉を訪れました。

この日もtakenoko号(110ccのバイク)で行きました。

バイクを止めたのはこんな階段があるお寺です。

D75_0222c.jpg

北鎌倉通の方はすぐわかるでしょう。

このお寺にもアジサイが綺麗に咲いていました。

D75_0227.jpg

ツツジも咲いていましたが、ほとんど終わりでした。

D75_0224.jpg

そうです、ここは浄智寺です。

この階段が好きです。

D75_0225.jpg

浄智寺の入り口付近にバイクを置き、東慶寺に向かいました。

D75_0256.jpg

境内の菖蒲も見ごろでした。

D75_0230.jpg

八重のドクダミも沢山ありました。

D75_0234.jpg

この時期の東慶寺と言えばこの花です。

D75_0235c.jpg

垂直の岩肌に沢山咲いています。

円覚寺にもイワタバコは咲いていますが、これほど咲いていません。

D75_0249c.jpg

小さなお地蔵様この時期になるとイワタバコの花に包まれます。

D75_0250.jpg

繊細なようでしっかりとした花に感じます。

D75_0239.jpg

奥の竹藪が綺麗でした。

D75_0247.jpg

ここのシャクナゲは昨年も同じ頃に咲いていました。

D75_0252.jpg

白いナデシコがとてもきれいでした。

D75_0253c.jpg

そして、6月の東慶寺では、

この花が公開されます。(公開は6月12日で終了しました)

D75_0258.jpg

本堂裏の崖に張り付くように咲いている、イワガラミです。

D75_0260.jpg

非常に上品な花です。

D75_0262c.jpg

何種類かの紫陽花も楽しむことが出来ました。

D75_0266.jpg

明月院も綺麗でしょうが、東慶寺の紫陽花も負けていません。

D75_0268.jpg

穏やかな柔らかい日が当たり花のブルー、葉の緑の対比が綺麗ですね。

D75_0270c.jpg

ほのかに色づいたこれから咲き始める紫陽花。

恥じらいを見せる乙女のような色です。

D75_0276.jpg

ホタルブクロも沢山咲いていました。

D75_0264.jpg

さすが花の寺、東慶寺です。

D75_0277.jpg

・ 

本日もご訪問ありがとうございました。



D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


nice!(94)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 17-5 6月14日(火) [中山道を行く]

昨日は小さな台風のような天気でしたね。

通勤の方は大変だったでしょう。



1か月前になってしまいましたが、5月12日と13日の中山道の旅、最終回です。

17_5tittle.jpg

午後3時過ぎになってしまいましたが諏訪神社下社春宮に到着しました。

諏訪大社は上社(本宮、前宮)下社(春宮、秋宮)とこの地域に4つの社があります。

D71_6447.jpg

上社は上諏訪にあるので知りませんが、下社の春宮、秋宮は立派な社でしたよ。



D71_6450.jpg

翌日のお祭りの確認でしょうか、神職の方たちが集まっていました。

D71_6451.jpg

注連掛に置いてあった柱は翌日ここに立てられるのでしょう。(建御柱というそうです)

D71_6452.jpg

お参りした後、横の浮島を渡ります。

D71_6453.jpg

上の写真の赤い橋を渡ると、万次の石仏があります。

D71_6455.jpg

岡本太郎や新田次郎が絶賛したとか・・・ ユニークな形をしています。

D71_6457.jpg

とても大きな石です。

下諏訪ではぜひとも会いたかった石仏です。

D71_6463.jpg



万次の石仏を見た後中山道に戻り、進みます。

下諏訪の街に入っても、このような石仏、石像がたくさん並んでします。

D71_6465.jpg

一里塚がありました。

江戸から55里(約220km)も歩きました。

まだ中間地点には到達していません。

D71_6466.jpg

一里塚を過ぎると宿場の中心地に向かって進みます。

この建物は1864年(元治元年)に建てられた伏見屋邸で休憩所として使われています。

D71_6470.jpg

もう上り坂はないと思っていましたが、まだありました。

D71_6471.jpg

下諏訪宿は中山道の宿場でも温泉がある唯一の宿場町です。

道端にいくつもこのようなものがあります。

これは水でなく、お湯です。

D71_6472.jpg

下諏訪宿の本陣です。

D71_6473.jpg

中に入ってみたかったのですが、帰りのこともあり通過しました。

D71_6474.jpg

甲州街道の終点と中山道が一緒になる地点まで来ました。

甲州街道は、53里1丁  中山道は 55里7丁 あまり変わりませんね。

D71_6477.jpg

この地点にあった建物です。

元問屋跡です。

D71_6486.jpg

ここは、秋宮は近くなので行ってみることにしました。

その前に、、、、 さる1号さんからストップがかかりそうです。

塩羊羹で有名な新鶴本店はすぐ横です。

D71_6479.jpg

持ち帰り用の一番小さいのを購入しました。
諏訪地方は寒天の産地
普通の練り羊羹と違い、生っぽい羊羹で日持ちは1週間です
(翌日、食べましたが、塩味が効いたおいしい羊羹でした)

DSC_1478.jpg

秋宮はすぐ近くです。

D71_6485.jpg

立派なお社です。

D71_6480.jpg

注連縄も立派な注連縄です。

D71_6481.jpg

この建物の後に春宮で見たものと同じような社がありました。

D71_6482.jpg

ここでも翌日の御柱祭に備えて穴が掘ってありました。

今年、御柱祭りで柱から落ちる死亡事故があったのは下社ではなく、上社です。

D71_6483.jpg

ここでもテレビ中継の準備が進んでいました。

D71_6484.jpg

秋宮にお参りした後、戻って、中山道を進みます。

緩い下り坂を下っていきます。

昔は旅籠が並んでいたでしょうね。

D71_6487.jpg

高札場が復元されていました。

D71_6488.jpg

秋宮から続く、道はお祭り一色です。

D71_6489.jpg

下諏訪駅に向かう道に入りました。

D71_6490.jpg

下諏訪駅に着きました。

もう一泊して御柱祭りを見て帰ることも考えましたが、、、、

泊まるところもないし帰宅する事にしました。

着いたのは16時45分ごろで、次の特急あずさは17時40分です。

一日中歩いていましたので、駅で待つことにしました。

D71_6491.jpg

駅のホームには、前回の御柱祭りで秋宮に建てられた柱が展示してありました。

D71_6493.jpg

あずさ30号で八王子経由自宅に帰りました。

帰宅したのは21時ごろでした。

 ・

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR



この日の歩数は約3万5千歩でした。

前日を含めて歩行距離は29.5kmでした。
(歩数は2日間で5万9千歩でした)

下諏訪はもう少しゆっくり歩きたかったので、次の旅の始まりに周ってみたいと思います。

まだ未定ですが、梅雨明けすると暑くなるし・・

ゴールは遠い

現在の消化率は約40%です。

17_5map.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。


nice!(107)  コメント(32) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 17-4 6月12日(日) [中山道を行く]

昨日、一昨日と晴天の日が続きました。

今日からはまた梅雨空に戻りそうです。

・ 

中山道続きます。

17_4title.jpg

険しい山道が終わり、ここからは国道が整備されてから、旧道がなくなり国道歩きになります。

国道142号線は下諏訪から軽井沢を結ぶ主要幹線です。

一部国道18号線等、他の国道と重複したところがあります。

ADSC_1466.jpg

ここも、歩道がありません。

しかし路肩はきちんとしているし、車道は登坂車線があり和田宿側ほど怖くありません。

ADSC_1468.jpg

標高1100m地点まで下りてきました。

この日のスタート地点とほぼ同じ高さです。

1100m → 1600m → 1100mと歩いてきました。

ADSC_1469.jpg

このダンプは中央車線は他の車が走っており、こちらを走っています。

大型トラックは私の姿が見えると、ほとんど中央よりの車線によけてくれます。

むしろ普通の乗用車のほうがハイスピードで近くを通るので怖かったです。

ADSC_1470.jpg

国道を外れて横道に入ります。

ADSC_1471.jpg

こんなところに来ました。

「浪人塚」です。

ADSC_1473.jpg

元治元(1864)年、尊皇攘夷を掲げ水戸藩を脱藩した浪士軍が京へ向かう途上、阻止しようとした高島、松本藩と激突し、その戦死者を悼んで、塚が建立されました。

ADSC_1475.jpg

ここでも山桜が咲いていました。

午後1時過ぎです。

桜の花の下で、もう1個残っていたおにぎりを食べました。、

ADSC_1477.jpg

そしてここから、写真はD7100に変わります。

浪人塚からは細い、静かな道路に変わりました。

D71_6402.jpg

再び国道に戻って進むと樋橋(とよはし)茶屋本陣跡の石碑が立っていました。

D71_6404.jpg

和田宿から下諏訪宿までの間は4つの茶屋があったと言われます。
(接待、東餅屋、西餅屋、樋橋)

D71_6405.jpg

向かいのには石仏がたくさん並んでいましたが、どこからか持ってきたもののようでした。

D71_6407.jpg

国道から外れてこんなところもありました。

D71_6408.jpg

でもすぐに国道に入ります。

ここまで来ると歩道があります。

D71_6409.jpg

和田峠の頂上で見た山々を、ここからまだ見ることができました。

D71_6410.jpg

中山道は国道を離れ、左の方に分かれます。

D71_6411.jpg

細い道になりました。

同時に静かになります。

D71_6413.jpg

誰もいない道ですが、動物の姿があらわれました。

D71_6414.jpg

犬かと思っていましたが、どう見てもカモシカのようです。

こんなところで遭遇するとはびっくりです。

D71_6415c.jpg

進んでいくと、木落し坂に着きました。

7年ごとに行われる、諏訪大社の御柱祭りで大きな木を急な斜面に落とすところです。

ここにはお祭りのときに使われる木の見本が置いてありました。

D71_6419.jpg

近くには木落し坂の石碑が立っています。

D71_6423.jpg

模擬柱の先頭です。

D71_6422.jpg

少し斜面を降りてみました。

斜度45度、長さ100mの坂です。

D71_6421.jpg

中山道は横の道を下っていくので、下ってから坂の下まで行ってみました。

下から見上げると、すごい坂です。

D71_6427.jpg

今年が御柱祭りの年に当たりますので、ここで木落が行われました。

この日は5月13日です。

木落しは4月8日~10日に行われました。

D71_6428.jpg

中山道に戻り進みます。

芭蕉の句碑がありました。

「ゆき散るや 穂屋のすすきの 刈残し」

D71_6429.jpg

少しだけこんな道を進みます。

D71_6431.jpg

木落し坂から落とされた御柱8本は約1か月ここに置かれます。

注連掛(しめかけ)といいます。

今年の諏訪大社下社の御柱祭りは5月14日~16日で行われました。

この日は13日でしたので前日です。

D71_6432.jpg

どこに使う柱かは決まっています。

D71_6434.jpg

ものすごく太いロープですね。

D71_6435.jpg

ここに置かれる最後の日でした。

翌日は里曳きと言われる行事で各神社に移動され、立てられます。

D71_6438.jpg

再び中山道に戻ります。

D71_6439.jpg

地元のケーブルテレビ局が中継するため、準備中でした。

D71_6440.jpg

道端の道祖神もお祭り飾りがついいています。

D71_6442.jpg

下社、春宮に近づきました。
(右の森は神社の森です)

D71_6444.jpg

ここまで来たところで、中山道から少し外れて、下社春宮に向かいます。

D71_6445.jpg

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。

 D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(94)  コメント(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

孫のお宮参り 6月10日(金) [お出かけ]

梅雨空が続いています。

中山道の話は1回休みます。

ちょっと古いですが、5月21日のことです。

4月26日の記事で、ちらっと手だけ登場した、孫が生まれて1か月たちました。

江東区に住んでいるので、お宮参りに行ったのはこちらです。

門前仲町で降りて、

深川不動尊にはお参りだけして、

D75_0125.jpg

こちらに向かいます。

D75_0127.jpg

待ち合わせの時間まで少し早かったので境内をぶらついてみます。

富岡八幡宮は江戸勧進相撲発祥の地と言われており、横綱力士碑が立っていました。

D75_0131.jpg

そうこうする内に、息子たちが到着しました。

八幡様の正面に行きました。

D75_0128.jpg

お宮参りの祈祷が終わった人がいます。

D75_0135cx.jpg

赤ちゃんを抱くのは、父方の祖母(私の家内)が一般的と言われています。

しかし、家内は義父母の介護で留守です。

ジジイでは代役が務まらないのでママの腕に収まりました。

hiro2.jpg

無事祈祷も終わり、午後からは写真屋さんで記念写真を撮りました。
(写真はありません)

翌5月22日、息子と私は義父母の様子を見に伊丹市へ行きました。

息子のお嫁さんが明石出身なので、腹帯を宝塚の中山寺から頂いてました。

阪神間の人はほとんどこちらに来るでしょう。

私の息子たちが生まれたときは伊丹に住んでいたので全員ここに来ました。

鎌倉では大巧寺しょうか。

お礼参りを兼ねて腹帯を納めに来ました。

DSC_1496.jpg

大きな山門です。

DSC_1497.jpg

私は30年ぶりくらいに来ました。

境内も随分変わっていました。

DSC_1485.jpg

階段にはエスカレーターがついていました。

DSC_1486.jpg

ここでも初参りの人が多くみられました。

DSC_1489.jpg

とりあえず、お宮参り、お礼参りは無事終了しました。

次は食べ初めですかね。

+++++++++++++++++++++++++++

こちらも赤ちゃん誕生です。

D75_0203c.jpg

少し日が経っているようで、体が大きいです。

D75_0199c.jpg

こちらも元気に育ってほしいですね。

D75_0215c.jpg

++++++++  東慶寺のイワガラミ  +++++++++

北鎌倉は連日ごった返しているでしょうね。(私は近寄りませんが・・)

公開は12日までです。

D75_0262c.jpg
(6月1日撮影)



本日もご訪問ありがとうございました。

次は中山道の記事に戻ります。

D750
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(90)  コメント(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 17-3 6月8日(水) [中山道を行く]

関東地方も梅雨入りし、梅雨らしい天気が続いています。

来月まで我慢ですね。

今年の夏はどんな天気になるでしょう。

猛暑は嫌です。

17_3title.jpg
和田峠頂上でしばらく休憩したのち今度は下りです。

事前情報で知っていたのですが、下諏訪までの地図が和田峠に置いてあるはずです。

このボックスに入っていました。

D71_6387.jpg

下諏訪中山道を守る会の人たちが作った地図です。

Wadamap_0002.jpg

A4のカラー両面刷りの立派な地図です。

いつもは、地理院の地形図を部分的にプリントし、色鉛筆で書き込んでいます。

この部分は地理院の地形図でもわからないような道です。

非常に助かりました。

Wadamap_0001.jpg

いよいよ出発です。

11時5分に出発しました。

御嶽山も見納めです。

D71_6391.jpg

和田峠の古峠に、もう一回来ることはないでしょう。

D71_6397.jpg

下り始めます。

今まで登ってきた道と違い、狭い道です。

D71_6398.jpg

横には、賽の河原と言われるガレ場が広がっています。

D71_6399.jpg

しっかり案内標識が立っているので迷うことはありません。

D71_6400.jpg

ここまではD7100で撮っていました。

ここから急な下り坂が始まり邪魔になるので、小さなNikon1V2に変えました。

細い道です。

DSC_1432.jpg

それほど怖い道ではありません。

普通の登山道と変わりません。

DSC_1433.jpg

案内標識の上に何かついています。

DSC_1434.jpg

説明坂の内容。

安政二(1855)年、六月下之原村が、峠を往来する旅人の安全のため、作った石積みの小屋。

DSC_1435c.jpg

この石垣だけが残っていました。

DSC_1436.jpg

このような道をどんどん下っていきます。  

こんな細い道を籠をかついで登ったのでしょうか。

DSC_1437.jpg

左の熊笹の向こうにこんな道がありました。

最近切り開いたようなところで、地面は石畳のようです。

こちらが旧中山道と思われますが、正確にはわかりません。

DSC_1438.jpg

山道を下ります。

下諏訪側から上がってくるのは大変ですね。

DSC_1439.jpg

国道に出ました。

DSC_1441.jpg

しかし横切るだけで、再び山の中に入ります。

DSC_1442.jpg

ところどころ、この道標があります。

下諏訪中山道を守る会の方たちが立てたようです。

二つ前の写真の橋が峠沢橋のようです。

DSC_1443.jpg

また国道を横切りますが、道案内がきちんとあります。

DSC_1444.jpg

静かな山道になります。

DSC_1445.jpg

道祖神などの石碑が傾いたまま放置してありました。

DSC_1447.jpg

前回の記事では、峠の江戸側には東餅屋という所がありましたが今度は西餅屋です。

DSC_1448.jpg

日下部金兵衛撮影の明治初期の西餅屋です。

白黒写真に色づけしたものです。

s-nishimochiya.jpg

今は単なる原っぱです。

DSC_1449.jpg

また国道を横切ります。

車の通る道路は後から出来たので、当然こうなります。

DSC_1451.jpg

こんなトラックが来ない時を見計らって横切らなければなりません。

DSC_1452.jpg

この後は、ゆったりとした道になりました。

DSC_1453.jpg

江戸より53里の一里塚に来ました。

上には142号線が走っています。

DSC_1455.jpg

道ははっきりとわかりますが、このような倒木がところどころあります。

ロープをかけてありますが、リュックを背負って通るときはこのロープをつかむと楽です。

DSC_1456.jpg

楽な道だと安心してましたが。

DSC_1457.jpg

ここからちょっと怖い道になります。

DSC_1458.jpg

山登りをする人にとってはびっくりするような道ではありません。

DSC_1459.jpg

道の左側は崖になっていて、下には水の流れる沢があります。

誤って転んで落ちても途中で止まりそうな崖です。

DSC_1461.jpg

ちょっと緊張しましたが、300mぐらいの間(5,6分)でした。

再び、林の中の道になりました。

躓いて転んでも下に落ちることはありません。

DSC_1462.jpg

上のほうが風化していますが、おそらく「馬頭観世音」と掘ってあると思います。

このような山越えには馬は欠かせない動物だったでしょうね。

DSC_1463.jpg

なだらかな下り坂になりました。

DSC_1464.jpg

山道は終わりました。

ここからは国道の舗装した道路になります。

ここは標高1190m、峠から約400m下ったことになります。
(12時40分でした)

DSC_1465.jpg

中山道の記事は後2回続きますが、次回はその他の記事になります。

本日もご訪問有難うございました。

 D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(90)  コメント(25) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 17-2 6月5日(日) [中山道を行く]

最近所用のため更新が不定期になっています。

この後もしばらく不定期更新が続きます。



昨日の午前中まではさわやかな良い天気でしたが、午後から曇り空になってきました。

近畿、東海では梅雨入りをしたそうですね。

関東でも梅雨入りは近そうです。



中山道の続きです。

17_2title.jpg

この絵は歌川広重の版画ですが、かなり誇張した絵になっています。

それだけ大変だったということが言いたかったのかもしれません。

28wada.jpg

広原の一里塚で小休止して中山道の最高地点の和田峠頂上を目指します。

向こうの山の鞍部が和田峠の頂上ではないかと思いますが、わかりません。

広原の一里塚を通過したのは9時40分ごろでした。

D71_6347.jpg

緩い坂を上っていきます。

歩くには何の問題もありません。

D71_6348.jpg

少し開けた所に来ました。

D71_6354.jpg

桜の花はすっかり忘れていましたが、山桜が綺麗に咲いていました。

D71_6352.jpg

良い日を選びました。

D71_6355.jpg

国道に出ました。

今は有料の新和田トンネルが出来ているので、ここは比較的静かです。

D71_6357.jpg

東餅屋に来ました。

下諏訪宿から和田宿の間には、いくつかの茶屋がありました

峠を挟んで江戸側には東餅屋、京都側には西餅屋の茶屋がありました。

D71_6361.jpg

案内板の説明にはドライブインがあるとのことでしたが、営業はしていませんでした。

D71_6360.jpg

廃業した茶店でしょうか?

D71_6362.jpg

こちらも

D71_6363.jpg

再び山の中に入っていきます。

D71_6364.jpg

ここから中山道はビーナスラインを横切っていきます。

D71_6365.jpg

少し山道に入ります。

D71_6366.jpg

ここに出ました。

上には道路があります。

D71_6368.jpg

このトンネルをくぐります。

トンネルを出ると左に曲がります。

D71_6370.jpg

ここで、この日始めて人にすれ違いました。

急いでいるようで会話はしませんでした。

D71_6373.jpg

また道路を横切ります。

時折ツーリングのバイクが走り抜けます。

D71_6374.jpg

ビーナスラインがくねくねしているので、何回も横切ります。

きちんと案内があるので迷いません。

D71_6380.jpg

森の中に入りました。

D71_6382.jpg

倒木がありますが、先の方に何か見えてきました。

もうすぐ頂上です。

D71_6383.jpg

着きました。

和田峠頂上です。(10時30分に到着しました)

D71_6384.jpg

地蔵菩薩が出迎えてくれました。

D71_6385.jpg

 明治時代に新しい道が出来たため、ここは通る人がなく古峠(ふるとうげ)と呼ばれています。

D71_6386.jpg

二つの大きな石碑が立っています。

ここの標高は約1600mです。
(東餅屋の案内には1531mとなっていましたが1600mが正しいと思います)

D71_6388.jpg

右側が「 本尊大日大聖不動明王」で

D71_6395.jpg

左側が「御嶽山座生大権現」です。

D71_6396.jpg

どれが御嶽山なのかわかりませんが、左端が御嶽山で、右が乗鞍の方ではないかと思います。

電線が邪魔ですね。

D71_6389.jpg

そして西の方にはおそらく穂高辺りではないかと・・・??

D71_6390.jpg

こちらはスキー場だったところと思われます。

D71_6394.jpg

まだ10時40分ですが、この日の朝食は6時半に食べているのでお腹がすきました。

民宿で作っていただいた、おにぎりを頂きました。

D71_6392.jpg

次は和田峠の下りです。

今までと違って険しい道でした。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR


nice!(95)  コメント(32) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中山道歩き 17-1 6月2日(木) [中山道を行く]

6月になりました。

鎌倉が混雑する時期になりました。

5月31日の夕方明月院に行きましたが、例年よりアジサイが早く咲いているようでした。

閉門前1時間前に行きましたが、まだ人が多かったです。

中山道の続きです。

17-1title.jpg

一夜明けて、5月13日の朝です。

朝6時半の朝食後、7時過ぎに民宿出発です。

前日、迎えに来てもらったところまで送っていただきました。

街道歩きにはとても助かります。



この日も良い天気でした。

男女倉口(おめぐらぐち)から出発です。(7:35)

ここの標高は1120mです。

D71_6288.jpg

ここから車の通る道でなく、山道になります。

もう車が傍を走ることもなく、ゆっくり歩けます。

先の方に建物が見えますが、壊れた休憩所でした。

D71_6290.jpg

石像がたくさん並んでいます。

三十三体観音で、かつてこの山の中腹にあった熊野権現神社の前にあった石像です。

逃げ出すわけではないでしょうが、鉄筋で囲ってあります。

D71_6291.jpg

掘り起こされてここに安置してあるそうです。

D71_6293.jpg

千手観音13体、如意輪観音4体、馬頭観音10体、不明2体、未発見4体

D71_6295.jpg

先へ進みます。

足に優しい道で天気も良く気持ちよく歩けます。

D71_6296.jpg

横から沢の水音が聞こえます。

D71_6298.jpg

森にはいろんな鳥の鳴き声が聞こえます。

D71_6301.jpg

茅葺の屋根が見えてきました。

D71_6302.jpg

こんな建物でした。

D71_6305.jpg

こういう案内がありました。
江戸呉服町の豪商かせや与兵衛が千両を幕府へ寄付し、その利子50両が下付され設置されました。
11月から3月の冬の時期に、峠を越える旅人に粥と焚き火、牛馬には年中桶一杯の煮麦を施しました。
この場所は「接待」と言われています。

建物中の中はの土間周囲に腰かける場所と土間にはかまどがあります。

D71_6311.jpg

近くに大きな石碑が立っていました。

D71_6314.jpg

そしてこんな説明板がありました。

窃盗犯の護送中に逃げ出した犯人と警察官が格闘し、警察官が殉職した慰霊碑のようです。

D71_6315.jpg

出発しましょう。

ゴミは残さずに・・・! (どう見てもわらべには見えませんが)

D71_6303.jpg

前にあった湧き水は、とてもおいしい水でした。

持っていたペットボトルの水を入れ替えました。

時折トラックを止めて、ペットボトルに汲んでいく人もいました。

D71_6312.jpg

ツツジも咲いて気持ち良い道です。

D71_6316.jpg

案内もしっかり立っていますが、 ・・・ 中山道の案内の下には

D71_6318.jpg

「熊に注意!!!」です。

D71_6319.jpg

熊ベルをつけました。

D71_6307.jpg

ここまでは緩やかな上り坂でしたが、少し急な上り坂になってきました。

D71_6323.jpg

突然、地面に・・・熊の足痕ではないことを祈りつつ熊ベルの音を響かせて前へ進みます。

D71_6324.jpg

先ほどの殉職警官が見つかった場所です。

D71_6328.jpg

すれ違う人はいません。

そうは言っても、単独行登山と一緒です。

D71_6329.jpg

シダも伸びだして大きくなるところです。

D71_6330.jpg

横には沢の流れが続いています。

D71_6332.jpg

これはいつ頃建てられ、いつ頃まで使われたのかわかりません。

休憩所みたいなものでした。

D71_6333.jpg

高低差が大きくなり、水の流れも強くなってきました。

D71_6336.jpg

道は歩きにくい、石畳になってきました。

D71_6334.jpg

こんな写真を撮りながら歩いていますので時間はかかります。

D71_6339.jpg

クマザサが茂ったところに来ました。

D71_6344.jpg

前の方に一里塚と思えるものが見えます。

D71_6345.jpg

江戸より52番目の一里塚です。

ここの標高は約1450mです。(9:30)

2時間かかって標高差300mですので、とてもゆっくりです。

D71_6346.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

続きは和田峠頂上まで行きます。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-105mmf3.5-5.6G ED VR


nice!(102)  コメント(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。